お問い合わせ

【家づくりコラム】テレワークスペース、どうつくる?

 

 

こんにちは!知多半島東海市を中心に家づくりを手がける栄和興産です(^^)

最近特にご要望の多い、テレワークスペース。
コロナウイルスの影響により、ご自宅でお仕事をされる方も増えていますよね。
今回は、テレワークスペースのつくり方についてご紹介します。

 

まず、スペースをつくる場所についてです。
気をつけたいのが、部屋の出入り口がどこにあるかどこを人が通りやすいかということ。
落ち着いて長い時間座っていられる環境がベストなので、
部屋の出入り口付近や後ろを頻繁に人が通る場所などは避けたほうがいいでしょう。


基本的には、部屋の扉から一番遠い場所に設置するのがおすすめです。
また、椅子を引いたときや座ったときに、後ろにどのくらいのスペースができるかも要確認。
スペースが狭すぎて人が通れない、家具に当たってしまう、
などの問題がないように注意する必要があります。

 

テレワークスペースは、リフォームでもつくることが可能です。
その際は構造を確認するほか、壁を抜いて大丈夫な場所かどうかも事前にしっかり確認し、
ベストな位置に設置させていただきます。
お部屋の中に仕切りをつけて新たな個室をつくりだすことも可能ですが、
やっぱり元のお部屋が狭くなってしまうのは考えもの。
そのスペースがいつまで、どの程度必要なのかをよく考えて、
後悔のないよう慎重にリフォームすることが大切です。

 

当社では、以前から分譲住宅にもワークスペースをつくるようにしています
テレワークにはもちろん、奥様の家事室として、
またはお子様の勉強スペースとしても使っていただけるようなフリースペースです。
家族みんなで使えるスペースがあることで、ちょっとだけ暮らしが豊かになると考えるからです。

 

当社ではテレワークスペースをつくる際、収納の横に設けることが多いです。
収納横にできたわずかなスペースを有効活用できますし、
隣が収納なので仕事に使う備品などをすぐに整理収納することができます

 

ワークスペースの一面だけ壁紙を変えることによって、お部屋の良いアクセントになっています。
どの壁紙を選べばいいか悩む方も多いと思いますが、もちろんご相談に乗ります!

 

廊下のちょっとした空間をワークスペースにすることもあります。
2階の廊下であれば、頻繁に人が通ることもなく意外と集中できる環境が整います。

これからさらに需要が高まりそうな、テレワークスペース。
家づくりをお考えの方で、テレワークスペースが必要な方、ぜひご相談くださいね

 

 

家づくりの流れ

  • 物件情報
  • リノベーション
  • ブログ
  • 求人募集
  • 住宅あんしん保証
  • 日本住宅保証検査機構