お問い合わせ

これが便利!キッチン編!Vol.1

 

 

こんにちは!知多半島東海市を中心に家づくりを手がける栄和興産です(^^)

 

キッチン選びは、家づくりの中でも楽しい事柄の一つ。
料理が得意な人も、新築するのに合わせて料理にチャレンジしようと思っている人も、
毎日使うキッチンにはこだわりたいですよね!

キッチンを選ぶ際のポイントは多数ありますが、今回はその中でも
掃除のしやすさ」についてお伝えしたいと思います。


換気扇(レンジフード)はキッチンの中でも掃除が面倒な場所というイメージがあります。
多くの家庭で普及しているのは「ブーツ型と呼ばれる、フードが深いタイプ。
どのようなキッチンにも設置しやすく価格も手頃ですが、内部の部品などが多く、
掃除に手間がかかるとも言えます。

一方、最新のスリム型は、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴。
油汚れなどがつきにくく、ノンフィルタータイプが多いためお手入れが簡単です。
整流板(※)の裏側を拭き掃除し、ファンを取り外して丸洗いするだけ。
メーカーによっては、ファンのお手入れすら必要ないものもあるし、自動洗浄タイプもあります。
フィルタータイプでも、取り外したフィルターを中性洗剤で洗うだけなので、意外と簡単ですよ!

※整流板…レンジフードの底部に取り付け、吸い込み口を狭くすることで吸引力を上げる仕組み



お掃除がしやすいキッチンを選ぶのであれば、面材(扉材)にもこだわると良いでしょう。
無垢材や合板、メラミン化粧板、UV塗装(ピアノ塗装)など、さまざまな種類がありますが、
「油汚れが落ちやすい!」と評判なのがホーロー

鉄の板にガラスを焼き付けたホーローは、汚れがしみ込まないという特徴があり、
お手入れは表面を水拭きするだけでOK♪摩擦や衝撃にも強く、
耐久性に優れているので、キッチンを美しく保つことができます


キッチンを選ぶ際は、日々の暮らしを考えて機能性やお手入れのしやすさを求めることもできるし、
お客さんを招いたときなどのことを考え、見た目やデザインを重視するという考え方もあります。

ぜひ、「自分は何を求めているか」を明確にして、キッチン選びを進めてみてください!

 

 

家づくりの流れ

  • 物件情報
  • リノベーション
  • ブログ
  • 求人募集
  • 住宅あんしん保証
  • 日本住宅保証検査機構