お問い合わせ

子ども部屋をもっと良く、もっと楽しくなる工夫

 

 

こんにちは!知多半島東海市を中心に家づくりを手がける栄和興産です(^^)

 

お子さまがのびのびと成長するためには環境が重要。

特に勉強や寝たりする子ども部屋はしっかりと考えてあげる必要があります!!

 

 

お子さまの成長に合わせて子ども部屋のあり方も変わってくるもの。

乳幼児~小学生までなら、大きな部屋を一緒に使うことできょうだい仲良く過ごせ、

人に思いやりをもてる、優しい子に育つ可能性が高まります♪

 

 

一方で、中学生以降になったらプライバシーを守るためにも、勉強に集中するためにも、

子ども部屋を分けてあげる必要が出てくるでしょう(´・ω・`)

 

 

最近多いのは、大きな部屋を1つ用意して、入り口を2つ設け、間仕切りができるようなスタイルです!

こうすれば、小さい頃はきょうだいで仲良く過ごし、思春期になったら部屋を分けてあげるというように、

お子さまの成長に合わせた間取り変更が可能となります♪

 

また、お子さまが家づくりに関わるというのも良いかもしれません。コミュニケーションも深まり、

きっと大人になっても「この部屋は僕(私)が作ったんだ」と思い出してくれることでしょう(*´ェ`*)

 

 

小学校5年生と3年生のご兄弟がいらっしゃる、あるお客さまのお家では、子ども部屋の1面だけを塗り壁にし、

ご兄弟が好きな色を決めて塗るという企画を取り入れました。

自分たちが選んだ緑色の塗り壁を、力を合わせて、活き活きと塗られていた姿が印象的でした。

非常にユニークな事例で、雑誌にも取り上げられたんですよ(・o・)

こうしたアイデアを取り入れてみてもいいかもしれませんね!!

 

 

ちなみに近年では親御さんがキッチンやリビングで勉強をみてあげられるように、

あえて子ども部屋を必要最小限のスペースにするというご家庭も多くなってきました。

しっかり勉強をみてあげたい、コミュニケーションを大切にしたいと思われるのであれば、

こうしたスタイルにするのもありかもしれませんね。

 

注文住宅なら子ども部屋も自由自在。

お子さまがのびのび育って楽しく生活できる子ども部屋を考えてみましょう!!

 

 

家づくりの流れ

  • 物件情報
  • リノベーション
  • ブログ
  • 求人募集
  • 住宅あんしん保証
  • 日本住宅保証検査機構