お問い合わせ

妻、トイレに閉じ込められる

こんにちは🙂廣瀬です。

今年もよろしくお願い申し上げます。

年末~年始休みの充電により、まだエネルギーは充分な体調です。

さて、本日は室内建具のレバーハンドルによる怖い話をさせていただきます。

我が家は築20年以上にもなるマンションで、今は夫婦二人で住んでます。

先日の夜、昨年末より自宅に居る娘(お産で)より携帯に電話あり。

トイレドアのレバーハンドルが壊れ、妻がトイレから出られなくなった。との事

出先から帰って、ドアを開けるまでの約1時間、妻はトイレの中。

頻繁に使うレバーハンドルの劣化により、建具内部のラッチが壊れ

ハンドルは動くが、ラッチボルト(枠側に納まる三角部分)が動かず。

が原因でした。

仕事でご入居様からもレバーハンドルが壊れて開かなくなった。

との相談をよく受けますのでドアの隙間にマイナスドライバーを

差し込み、ラッチボルトを解錠する方法は知っていたのですが、

我が家のトイレドアと枠の隙間は狭く、ドライバーが入らない為

定規を差し込みましたが、解錠出来ず。

(写真は解説ように開けて撮影してます)

薄くて先の曲がった物は無いか探した結果。

裁縫道具のヘラを発見。

 

無事、開ける事ができました。

今回の怖い話とは・・・・・・

我が家と同じ廊下側への開き扉の場合は、室内側には戸当たり枠が有り

ドアと枠との隙間が無い為、トイレからドライバーなど差し込めません。

(トイレ側に開くドアの場合は、廊下側に戸当たり枠が有り隙間は無いです。

いずれにしましても、開き戸の場合には必ずラッチがあります。

耐久年数は解りません。

強い力でレバー操作すれば10年未満でも壊れるケースもあります。

今回、我が家に娘が居たから連絡つきましたが。

たとえば、妻が朝にトイレに入ってラッチが壊れたら・・・

夜遅くに私が帰るまで妻はトイレから出れないです😂

トイレに入る時も電話を携帯するか。

内開きドアの場合にはトイレの中にマイナスドライバーを。

一人でトイレに入る時はドアを閉めないか。

などの対策も必要かも。

古くなったレバーハンドルは早めの交換もお勧めいたします。

弊社ではラッチ交換1カ所からでもお受けいたしますので

お気軽にご相談ください。

身近にある怖い話でした🙂

 

家づくりの流れ

  • 物件情報
  • リノベーション
  • ブログ
  • 求人募集
  • 住宅あんしん保証
  • 日本住宅保証検査機構