お問い合わせ

【おうちコラム】見えないけれど重要!壁の耐力面材

 

(※モイスHPから転載 https://moiss.jp/lineup/

こんにちは!知多半島東海市を中心に家づくりを手がける栄和興産です(^^)

 今回はちょっとマニアック⋯?な壁の耐力面材についてのお話です。

耐力面材とは、壁や天井、屋根材、床材を取り付けるための構造部材
家が完成すると見えなくなってしまうのですが、建物の耐久性に関わるとても重要な部材なのです。

 

壁の下地材には構造用合板や石膏ボードなどを使うのが一般的ですが、
当社では「モイスTM」というメーカーの耐力面材を標準仕様としています。

「モイスTM」の特長として、当社がいちばん注目したのは透湿性能です。
家の断熱・気密性が高くなると、結露が心配になってきます。
結露は見えない壁の内側でも発生し、大きなダメージとなります。
こちらの「モイスTM」には透湿性能があり、主に無機質系材料、
そしてカビが嫌うアルカリ性基材のため、カビが繁殖しにくいという特長があるのです。

 

他にも、モイスTMにはたくさんの特長があります。
壁面が一体となって力が分散されるため、地震に強いこと。
国土交通大臣認定の不燃材であること。
シロアリ被害を防げること。
高い気密性と遮音性を持つこと。
天然素材で作られており、有害物質を含まないこと。

どれも家の耐久性にはとても重要な項目です。
長く大切に住む家だからこそ、
見えない構造や下地の部分までこだわりたいというのが当社の考えです。

「モイスTM」は耐力面材の中では比較的新しい商品ですが、
よく研究されていて充実した機能性を誇っています。
当社では、約2年前から標準仕様とさせていただいております。

 

「モイスTMについて詳しく知りたい!」という方は、
ぜひホームページをご覧になってみてくださいね♪
https://moiss.jp/moiss-tm/

 

 

栄和興産の家づくり

  • 物件情報
  • リノベーション
  • ブログ
  • 求人募集
  • 住宅あんしん保証