知多半島東海市を中心に注文住宅、新築分譲、住宅用土地を手がける、栄和興産株式会社です。理想の住まい創りは私たちにお任せください。

スタッフブログ

スタッフブログ

フロアー補修の一例

こんにちは smiley 廣瀬です。

 

今日は夏日となりましたネ。

私の居る2階事務所には、引き違い窓が有り、風は入って

くるのですが、それでも室温は約28度・・・・。

冷房は我慢して、女性社員の作ってくれてるアイスコーヒー

をがぶ飲みして頑張ってます。

 

本日のリフォーム紹介はフロアー補修方法についてです。

 

築20年ほどを過ぎてきますと、頻繁に通行する場所の合板フローリング

が弱ってきます。

歩くとフカフカするから、床が腐ってないか? と、良く質問を受けますが

、ほとんどのケースが合板フロアーのヘタリ(弱り)が原因です。

その場合の補修方法としましては、既設の床材の上に更に合板フロアーを

重ね貼りする事が、トータルコスト的に一番安くできます。

構造的にも2枚重ねとなりますので丈夫にもなります。

 

ただし、1点注意する事が有ります。

12㎜以上の合板フロアー分(既設を貼替せず、フカフカを解消する為の厚み)

、廊下~LDKまたは廊下~洗面・トイレなどの出入口建具が約15㎜以上

空いてる事です。

 

今回、ご紹介したい物件は、廊下~LDK・トイレ・洗面入口戸と床との

差が5㎜程度だったんです。

DSC_5920

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既設合板フロアーの傷んだ所のみ剥がし下地合板補強をし、

その他既設フロアーは残し、廊下全体にフロアータイルを貼りました。

DSC_6861

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6896

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6897

 

 

 

 

 

 

 

厚みは2.5mm 幅100㎜ 長さ914.4㎜ の材料を一枚づつ貼ります。

施工は大工さんではなく、内装屋さんになります。
店舗の床などに使い、土足でも傷まない丈夫な材料です。

 

同じようなケースでの参考にしてくださいsmiley

 

 

 

 

2019年4月22日 6:23 PM | カテゴリー:その他 | スタッフ: