知多半島東海市を中心に注文住宅、新築分譲、住宅用土地を手がける、栄和興産株式会社です。理想の住まい創りは私たちにお任せください。

スタッフブログ

スタッフブログ

ちょっとしたアドバイス

こんにちは smiley 廣瀬です。

台風21号での被害対策を段取りしている最中に昨日の24号。

そしてまた ・・・ 非常に強い25号も発生しているとの事。

もう いい加減にしてと言いたいangry

 

本日の内容は、台風で被害を受けた屋根とか壁などの養生方法についての

参考アドバイスをさせていただきます。

 

台風被害での屋根養生として一般的なのがブルーシートです。

大きな面積をカバーするにはブルーシートが最適かもしれませんが

欠点は、ゴワゴワで厚みもある為、重しで固定したり、ヒモで縛ったりが

大変苦労します。

また、平たい部分は楽ですが、角とか変形した所の処理も苦労します。

 

台風21号で波型スレート屋根に被害を受けられたお宅の養生を最初

ブルーシートで覆ったのですが、24号台風による強い風で煽られて

しまうのでは・・・と不安になり、思いついたのが防水シートでした。

 

DSC_3838

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水シートは新築時に外壁材の下地に防水目的で使用する

丈夫な繊維紙です。

透湿効果もありますので、ブルーシートより湿気も溜まりにくいです。

また、紙ですので、ハサミで切る事も出来、細工は自由です。

厚みも薄いため、波板でも角でも密着します。

今回、防水紙の固定は、粘着力のある防水テープを利用しました。

テープを剥がす時に、多分 壁とか屋根の塗装は取れてしまうかも

しれませんが、

ブルーシート及び重しが強風で飛ばされ、近隣に迷惑かけるより

飛んでも紙なら安心と、お客様にも了解いただき実行しました。

本日確認しましたが大丈夫でした。

 

参考までのアドバイスでしたsmiley

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月1日 8:00 PM | カテゴリー:その他 | スタッフ: