知多半島東海市を中心に注文住宅、新築分譲、住宅用土地を手がける、栄和興産株式会社です。理想の住まい創りは私たちにお任せください。

HABITA 200年住宅 再生の出来る家

触って感じる木の温もり 五感でわかる家。家づくりの素材から考えたHABITAの注文住宅。 触って感じる木の温もり 五感でわかる家。家づくりの素材から考えたHABITAの注文住宅。
家の中では、大人も子供も裸足になったり、手のひらで家を触ったりすると思います。
家を作る職人さんと同じで手や足それから眼で人に伝わってくる素晴らしい能力です。
五感で感じる感覚を大切にしていただくためにHABITAは、家づくりを素材から考えました。

HABITAが200年住宅を考える理由HABITAが200年住宅を考える理由
住宅の平均寿命は、イギリス141年アメリカ104年に対して日本は30年という短さです。
日本の木造住宅は、他にはない魅力のある家です。
HABITAは、大断面木構造での200年住宅を目指しています。

どうして200年? 日本の住宅の寿命は30年と言われています。 どうして200年? 日本の住宅の寿命は30年と言われています。
しかし、40年で育った樹木を40年以上利用することはおろか、残念ながらその60%以上は製材としては使用されず、短期間で消費されてしまっています。
製材されて使われている40%分で40年材を使い切ることを計算すると「40年÷0.4=100年」となりますが、現実には製材では40%も使われていません。
また、こうした「資源同調」の考えにより、日本に植林され育ってきた樹木の60年材から計算すると、150年使わなければ資源を均衡させることはできないと推測されます。

HABITAでは樹木を活用する者として、これらのことを勘案し「10年建てば評価はゼロ」のままではなく、先人の家づくりの知恵に学び、長く魅力のある家・より永く暮らせる家づくりが、これからの日本の木造住宅に求められることと考え「200年暮らせる住宅」づくりを推進しています。

再生できる家 100年を超えても再生ができるHABITAの新築住宅。 再生できる家 100年を超えても再生ができるHABITAの新築住宅。
新築を立て100年目が来たときに、一度構造体部分を残すところまで解体ができます。改めて、性能や住まいを考え直して再構築をすることが可能です。こうした再生の出来る家が出来るには、設計要網がしっかりしていなければいけません。

  • ・ 国産材であること
  • ・ 乾燥材であること
  • ・ 大断面であること
  • ・ 現しであること
  • ・ 間面のつくりであること

をお約束しています。

HABITAのデザイン

木構造「現し」木構造「現し」
200年、500年、1000年以上と歳月を重ねている木造建築は、「現し」の収まりになっています。それは日本の住宅だけではなく、世界各地に残る古い民家にも同様に共通の収まりです。気は生きて成長しているときだけではなく、切られて建材になってからも呼吸をしています。

2010年 住宅「HABITA」ラインナップ

2010年 住宅「HABITA」ラインナップ

出居民家 「もてなし」の心が活きる家出居民家 「もてなし」の心が活きる家
人を迎える客間として、それ以上に“もてなしの心”が息づく空間として、古来から民家の家づくりの中心となってきた「出居(でい)」。
遠く源氏物語の時代に、招き招かれ、語らい重ねた屋外の間もまた「出居」です。 LDKの概念を超えて伝統の知恵に学ぶ、強く、居心地のいい木構造の家、200年住宅「出居民家」。



岩瀬牧場 世界中の人が共感する家岩瀬牧場 世界中の人が共感する家
明治初頭に生まれ130年あまりの歴史をもつ、日本で初めての西洋式の牧場。その名を冠した住の提案が「岩瀬牧場」です。
それは、日本の風景にも西洋の景観にもとけ込む、心の中の"原風景"に建っているよな家。今、一軒の住まいが、家の本来あるべき姿を語りはじめます。



SORA・MADO 窓を開いて、カーテンはいらない。光と風を通す家。SORA・MADO 窓を開いて、カーテンはいらない。光と風を通す家。
見上げれば誰の上にも存在する「そら」。その魅力は明るさであり広さであり、 自由さにある。
そもそも「そら」に仕切りはない。そして「そら」の恩恵に与らない家もない。「そら」からの光や空気は、拡散し反射して家の中にまで届いています。


HABITAのこだわり

大断面構造体大断面構造体
大断面木構造「HABITA」の200年住宅では、5寸(150mm)角の柱や、1尺(900mm)の梁の住宅の骨組みとなる構造体に使用しています。材に対する愛着の心が芽生えるからこそ、自分の世代で壊してはいけないという意識を生み、世の中に残してゆくべき家となるのです。

集成材の活用集成材の活用
集成材とは、ラミナー(※)を繊維の方向に平行して重ね、貼り合わせてひとつにした建材のことです。
一度ラミナーに加工するため乾燥の行程も確実になり、さらに積層することでムクの木材よりも寸法の変化が少ないというメリットがあります。また、表には見えない欠点を取り除きながら工業製品として製造するので一定の強度を確保できます。
※ラミナー・・・厚さ2〜3cmほどに製材し、節や割れなどを取り除いた板

国産材の使用国産材の使用
現在、日本の木材の自給率は18%です。森林がない国ならいざ知らず、国土の70%の山地を有し、さらに戦後多くの植林を施し、今、伐採期の人工林が全国各地で経済・環境面において問題を譲し出しています。環境保全と経済潤滑のためにも、今こそ、国産材で家づくりをしましょう。

地産地消地産地消
地産地消とは「地域生産地域消費」の略で、文字通り地域で生産されたものをその地域で消費することです。
かつでは、木材を適地で使用するため主要な河川の「流域」を一つの単位として流通システムがあったように、現在県産材・地域材が注目されています。県産材使用について、無償提供や補助金制度など普及促進活動が高まってきています。